スポーツ整体・骨盤矯正なら大崎市・仙台市・登米市・塩釜市・栗原市のスポーツ操体法・整体コンディショニングのひふみ健康整体院のプレコンディショニングをどうぞ

仙台市でスポーツ整体・骨盤矯正は仙台ひふみ整体。腰痛、股関節痛、仙腸関節痛、坐骨神経痛、肩の痛み、頭痛の整体は地下鉄八乙女駅近くの仙台ひふみ整体院。

アキレス腱炎

大崎市・仙台市泉区・登米市・塩釜市・栗原市で整体・操体法はスポーツ整体のひふみ健康整体院

大崎市仙台市で腰痛・坐骨神経痛なら腰痛専科ひふみ健康整体院

アキレス腱炎

アキレス腱は下腿部後面にあるふくらはぎと呼ばれるひふく筋とヒラメ筋が合体した太い腱でかかとの骨についています。

ふくらはぎの筋肉で立ったり歩いたりするだけでなく、走ったり跳んだりするのに不可欠な筋肉であり、スポーツ活動にとって非常に大切な筋肉のひとつです。

そして、かかとをてこの視点として大きな力を引き出すことがアキレス腱の役割です。

非常に大きな力に耐えられる反面、思わぬタイミングで切られたりします。

ランニングやジャンプで身体を前方や上方に持ち上げるためには、そうとう強い力が必要です。

このふくらはぎの筋肉には体重の数倍もの力が加わり、からだを持ち上げるたびに大きなストレスがアキレス腱にかかります。

さらにジャンプで踏み切る際には瞬間的にその何倍もの力が働きます。

硬いグランドや体育館の床で練習していると、アキレス腱を痛めやすくなります。

アキレス腱にかかる衝撃が大きくなると、それが負担となって炎症が起こります。

ランニングやジャンプの繰り返しによる刺激がそれにあたります。

また、つま先走りでかかとがつかないランニングを繰り返しているとアキレス腱が短縮し、ある時強く伸ばされりことでアキレス腱を傷つけてしまいます。

このときはアキレス腱の踵骨付着部やふくらはぎの筋腱移行部、またアキレス腱の中央部に痛みがでます。

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional