スポーツ整体・骨盤矯正なら大崎市・仙台市・登米市・塩釜市・栗原市のスポーツ操体法・整体コンディショニングのひふみ健康整体院のプレコンディショニングをどうぞ

仙台市でスポーツ整体・骨盤矯正は仙台ひふみ整体。腰痛、股関節痛、仙腸関節痛、坐骨神経痛、肩の痛み、頭痛の整体は地下鉄八乙女駅近くの仙台ひふみ整体院。

コンパートメント症候群

大崎市・仙台市泉区・登米市・塩釜市・栗原市で整体・操体法はスポーツ整体のひふみ健康整体院

大崎市仙台市で腰痛・坐骨神経痛なら腰痛専科ひふみ健康整体院

コンパートメント症候群

コンパートメントとは下腿部の区画された部分のことです。

コンパートメント症候群はその区画内部に内出血が起こり、そのために区画内の圧が上昇して血管や神経を圧迫する状態です。

普通はすねの筋肉が急激に腫れて硬くなってきます。

一般的には十分トレーニングを積んでいないすねの筋肉に急激なストレスを繰り返し受けることで起こります。

この障害が発生すると、常にかなり激しい痛みがあり、しばしばそれらの筋肉の機能障害が見られ、つま先を持ち上げることが出来なくなります。

また、それらの筋肉を受動的に伸ばすと痛みが強くなったり、足首に力が入らなくなったりします。

コンパートメント症候群になるとこの部分の皮膚が赤くなったり、温かく感じたり、圧痛が顕著であったりします。

症状が悪化するとつま先の甲の部分で脈を触診することが出来なくなります。

コンパートメント症候群は大学・社会人に見られることが多く、これもオーバーユースが原因ですが、つま先走りの選手に起こりやすいようです。

つま先で着地するとブレーキをかけている状態となり、すねの前にストレスを繰り返し受けることになります。

そのことが区画内の炎症と内圧を高める要因となるのです。

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional