スポーツ整体・骨盤矯正なら大崎市・仙台市・登米市・塩釜市・栗原市のスポーツ操体法・整体コンディショニングのひふみ健康整体院のプレコンディショニングをどうぞ

仙台市でスポーツ整体・骨盤矯正は仙台ひふみ整体。腰痛、股関節痛、仙腸関節痛、坐骨神経痛、肩の痛み、頭痛の整体は地下鉄八乙女駅近くの仙台ひふみ整体院。

シンスプリント

大崎市・仙台市泉区・登米市・塩釜市・栗原市で整体・操体法はスポーツ整体のひふみ健康整体院

大崎市仙台市で腰痛・坐骨神経痛なら腰痛専科ひふみ健康整体院

シンスプリント

下腿部の様々な痛みを総称してシンスプリントと呼んでいますが、一般的には脛骨後部の内側に集中する痛みととらえられています。

シンスプリントと呼ばれている障害の一つは、脛骨の後部の面に沿って付着する後脛骨筋の付着部が刺激されて骨膜炎を引き起こすものです。

この障害では脛骨の内側の縁に沿って圧痛が見られ、後脛骨筋を働かせると痛みがあります。

そのほかの原因としては、後脛骨筋の付着部で肉離れが考えられます。

また、シンスプリントは下腿部の骨間膜が刺激されて引き起こされることもあります。

この場合、痛みはもっと深部にあるようです。

シンスプリントの痛みを我慢して練習を続けていると、疲労骨折に発展する可能性があります。

シンスプリントの原因はオーバーユースにあります。

特に成長期のすねの骨や筋肉は強い繰り返しのストレスに耐えられません。

中学や高校生ではほとんどが自分の筋肉の能力以上に使いすぎたためにシンスプリントが起こっています。

また、走り方が悪かったり、つま先が外に向いたり内を向いたりするために、すねの骨が捩れて使われることも考えられます。

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional