スポーツ整体・骨盤矯正なら大崎市・仙台市・登米市・塩釜市・栗原市のスポーツ操体法・整体コンディショニングのひふみ健康整体院のプレコンディショニングをどうぞ

仙台市でスポーツ整体・骨盤矯正は仙台ひふみ整体。腰痛、股関節痛、仙腸関節痛、坐骨神経痛、肩の痛み、頭痛の整体は地下鉄八乙女駅近くの仙台ひふみ整体院。

姿勢の重要性

大崎市・仙台市泉区・登米市・塩釜市・栗原市で整体・操体法はスポーツ整体のひふみ健康整体院

大崎市仙台市で腰痛・坐骨神経痛なら腰痛専科ひふみ健康整体院

姿勢の重要性

姿勢の不良は、変則性の不均整,骨の異常、異常な骨格のアライメント、動きのメカニクスの不良のいずれかの原因によって生じる重要なスポーツ外傷・障害の原因です。

多くのスポーツは一側性の活動であり長期間にわたって同じスポーツを行っているとカラダの特定部分だけが異常に発達してしまいます。

これはカラダのアンバランスを引き起こすことになり、姿勢の不良があきらかに起こります。

そして、身体は重心を取り戻すためにいろんな姿勢をとるようになります。

そのようなアンバランスは、障害の原因になることが多々あります。たとえば、骨盤と脚の非対称性(Short-leg-Syndrome)は、膝や腰の障害に見られます。

これは、矯正的なエクササイズを行わないと結果的に慢性の障害になり、時々スポーツを中断しなければならないようになります。

姿勢に欠陥があればドクターや他の専門家の指導を受けて矯正するようにします。

この修復作業は完全なトレーニングプログラムを実施することで可能です。

原則的に両側性の開発を維持することで、片側性の開発(片側性による偏り)を最小に抑えることができます。

また、主動筋とともに拮抗筋を開発することで、全身のバランスの取れた状態で筋肉を開発することが出来ます。

姿勢のアンバランスは、当然スポーツ外傷・障害を導き易くなるので速やかに治す必要があります。

ストレスの繰り返しと顕微外傷

外傷・障害の再発の問題はスポーツにおいて重大なことです。

酷い障害は多発するものではありませんが、再発すると程度と頻度を増やして起こります。

これはリハビリテーションの期間に不適当な治療を行っていたり軽視することによるものです。

また、障害から回復する前に、まだ痛めているのにスポーツに参加する選手がいますが、これは当然再発を招くことになります。痛みをこらえて不屈の闘志を誇示する事は、伝統的であるだけでなく勇ましいことであるという誤った考えがあります。

このような考えは選手のみならずチームにとっても迷惑なことです。痛みに対する耐性は個別の問題であり、2人の人間が同じように痛みに反応するとは限りません。

痛みに対する耐性の強い選手は、障害から完全に回復する前や、怪我をしていても競技を継続してしまいがちです。

そうすると、最初の障害よりも、さらに酷い障害を再発する危険性が高くなります。

多くのスポーツで激しい身体の接触、ぶつかり合いがあります。そのため、同等の体力や筋力レベルでなければそのレベルが低い方が怪我をすることは明らかです。

怪我をした選手はトレーニングや競技に復帰する前に、多くの要因を考慮する必要があります。

それはケガの種類、スポーツの種目、本質的な危険性、年齢、選手の性格などです。

異常なストレスを繰り返し受けていると顕微外傷による障害が生じ、後に、確認できる障害へと発展します。

顕微外傷とは顕微鏡によってしか確認できないような微細な損傷です。その様なストレスによる障害はスポーツパフォーマンスの制限や低下を引き出します。

このような障害はほとんどランニング、スローイング、ジャンピングなどの動作に直接関係します。

そして、骨、関節、南部組織がコンスタントに繰り返しストレスを受けたり、無理に可動域を広げたり、長期間激しい活動することで起こります。

このカテゴリニー入る外傷・障害のいくつかは、比較的軽度なものであってもまったく動けなくなることがあります。

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional