スポーツ整体・骨盤矯正なら大崎市・仙台市・登米市・塩釜市・栗原市のスポーツ操体法・整体コンディショニングのひふみ健康整体院のプレコンディショニングをどうぞ

仙台市でスポーツ整体・骨盤矯正は仙台ひふみ整体。腰痛、股関節痛、仙腸関節痛、坐骨神経痛、肩の痛み、頭痛の整体は地下鉄八乙女駅近くの仙台ひふみ整体院。

脊椎分離症

大崎市・仙台市泉区・登米市・塩釜市・栗原市で整体・操体法はスポーツ整体のひふみ健康整体院

大崎市仙台市で腰痛・坐骨神経痛なら腰痛専科ひふみ健康整体院

脊椎分離症

脊髄分離症とは椎骨の後部にある椎弓の上下の関節突起の間の部分に骨欠損が生じ、その連続性が断たれたものをいいます。

特に構造上弱点のある第5腰椎あたりに多く見られます。

その原因として、以前は先天的なものと言われていましたが、現在ではこの部分へ繰り返し加えられるストレスによって引き起こされる疲労骨折と考えられています。

脊髄分離症は全人口の約5%前後にみられますが、肉体労働に従事している人や、成長期に激しいスポーツをしていた人に限定すると20%前後と約4倍にもその割合が増えるようです。

しかし、分離症の人全てが腰痛などの症状を持っているわけでなく、中には一生脊椎分離症に気づかない人もいるように、椎弓の関節突起間部の分離そのものは腰痛とは考えられていないようです。

一般的に脊椎分離症における腰痛は、分離した椎弓部分の異常な可動性による背筋、靭帯、椎間関節、椎弓部周辺の神経の刺激によるものと考えられています。

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional