スポーツ整体・骨盤矯正なら大崎市・仙台市・登米市・塩釜市・栗原市のスポーツ操体法・整体コンディショニングのひふみ健康整体院のプレコンディショニングをどうぞ

仙台市でスポーツ整体・骨盤矯正は仙台ひふみ整体。腰痛、股関節痛、仙腸関節痛、坐骨神経痛、肩の痛み、頭痛の整体は地下鉄八乙女駅近くの仙台ひふみ整体院。

腱鞘炎

大崎市・仙台市泉区・登米市・塩釜市・栗原市で整体・操体法はスポーツ整体のひふみ健康整体院

大崎市仙台市で腰痛・坐骨神経痛なら腰痛専科ひふみ健康整体院

腱(鞘)炎

腱を構成するコラーゲン線維は、生理学的限界以上に伸ばされると破壊されます。

破壊されるポイントは、6~8%長く伸ばされた後にあるようです。

腱は普通、筋肉の力の2倍の強さがあるので、筋膜、筋腱結合部、骨の付着部で損傷が見られます。

臨床的には腱に対する異常な緊張がコンスタントに増大すると、線維芽細胞の浸潤細胞によって腱が伸ばされます。

そのためにコラーゲン線維がより引き出されます。

微小な損傷を繰り返すこともコラーゲン線維が吸収され慢性の肉離れに発展し、最終的に腱が弱くなります。

コラーゲンの吸収はコンディショニング期間の初期や、ある部分を固定しているときにおこります。

コラーゲン線維が吸収されているときは弱くなり、障害を受け易くなります。

したがって、コンディショニングプログラムは徐々に強度を高め、リハビリテーションプロセスで早期にモビリゼーション(関節の可動性を高める)することが必要になります。

腱の障害は一般に腱炎と腱鞘炎に分けられます。

①腱炎腱炎は徐々に開始され、微小な損傷が繰り返されるために
散在性の圧痛と変性がみられます。腱炎の明らかな兆候は、腱を動かした時の痛みと腫れです。

腱鞘炎腱鞘炎は腱を包んでいる腱鞘の炎症です。急性の状態ではすぐに症状があらわれ、関節の摩擦音や散在性の腫れが見られます。慢性の腱鞘炎では、腱が局所で厚くなり痛みを伴うとともに、動かすと関節の摩擦音が感じ取れます。

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional