スポーツ整体・骨盤矯正なら大崎市・仙台市・登米市・塩釜市・栗原市のスポーツ操体法・整体コンディショニングのひふみ健康整体院のプレコンディショニングをどうぞ

仙台市でスポーツ整体・骨盤矯正は仙台ひふみ整体。腰痛、股関節痛、仙腸関節痛、坐骨神経痛、肩の痛み、頭痛の整体は地下鉄八乙女駅近くの仙台ひふみ整体院。

腸脛靭帯炎

大崎市・仙台市泉区・登米市・塩釜市・栗原市で整体・操体法はスポーツ整体のひふみ健康整体院

大崎市仙台市で腰痛・坐骨神経痛なら腰痛専科ひふみ健康整体院

腸脛靭帯炎

腸脛靭帯は腸骨と脛骨を結ぶ長い靭帯で、膝の外側の安定性を保つ役割があります。

この靭帯は膝の屈伸をするとき大腿骨外側上顆を乗り越えて動きます。

ランニングでは膝の屈伸が繰り返され、膝を曲げ伸ばすたびにこの靭帯と大腿骨外側上顆との間に摩擦が生じることになります。

とくに、大腿骨外側上顆が普通より出っ張っていたり、O脚がひどかったり、回内足でかかとの骨が普通より大きく内側に傾き、下腿が内側に大きく捻れる状態では、腸脛靭帯の緊張が強くなり、摩擦力がより大きくなって炎症を起こします。

ときどき、膝窩筋腱や外側側副靭帯が炎症を起こすこともあります。

これらの組織の刺激は、走りすぎたり、シューズや身体のアライメントによるショックアブソーバーが不十分であるときに出現するので、下肢筋の柔軟性に欠け、フォームの悪い長距離ランナーによく見られます。

症状としては、痛みが外踝に限局して生じたり、腸脛靭帯に沿って放散することがあります。

普通は、例えばハードなダウンヒルでのランニング時などに痛みを感じますが、アップヒルを走るときには消失することがあります。

ランニング中、膝を曲げて下腿を前方に持ってくるときに痛みを感じます。

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional