スポーツ整体・骨盤矯正なら大崎市・仙台市・登米市・塩釜市・栗原市のスポーツ操体法・整体コンディショニングのひふみ健康整体院のプレコンディショニングをどうぞ

仙台市でスポーツ整体・骨盤矯正は仙台ひふみ整体。腰痛、股関節痛、仙腸関節痛、坐骨神経痛、肩の痛み、頭痛の整体は地下鉄八乙女駅近くの仙台ひふみ整体院。

膝蓋靭帯の炎症

大崎市・仙台市泉区・登米市・塩釜市・栗原市で整体・操体法はスポーツ整体のひふみ健康整体院

大崎市仙台市で腰痛・坐骨神経痛なら腰痛専科ひふみ健康整体院

膝蓋靭帯(腱)炎症

膝蓋靭帯の炎症は、一般的にジャンパーズ・ニーと呼ばれており、名称からもわかるようにジャンプ種目に多く、また長距離選手にも見られます。

ランニングでは着地の瞬間に体重の2~3倍の力がかかりますが、大腿四頭筋~膝蓋筋~膝蓋靭帯と繋がる膝伸展機構によって、このストレスを吸収しています。

この膝伸展機構に大きなストレスが繰り返し加わると、膝蓋骨の下端の靭帯移行部でわずかな断裂や炎症が生じます。

原因は大腿四頭筋のオーバーユースで、膝蓋靭帯が膝蓋骨に付着する部分が繰り返し強く引っ張られることにあります。

症状としては、大腿四頭筋腱が付着している膝蓋骨の上極と膝蓋靭帯が付着している膝蓋骨の下極の不快感、腫れ、痛み、圧痛などがあります。

不快感を覚えた時点で運動を中止し一定期間の休養をとれば、その後症状が進行しないようです。

しかし、現実には走れなくなるまで悪化してから休むケースが多いようです。

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional