スポーツ整体・骨盤矯正なら大崎市・仙台市・登米市・塩釜市・栗原市のスポーツ操体法・整体コンディショニングのひふみ健康整体院のプレコンディショニングをどうぞ

仙台市でスポーツ整体・骨盤矯正は仙台ひふみ整体。腰痛、股関節痛、仙腸関節痛、坐骨神経痛、肩の痛み、頭痛の整体は地下鉄八乙女駅近くの仙台ひふみ整体院。

足首捻挫

大崎市・仙台市泉区・登米市・塩釜市・栗原市で整体・操体法はスポーツ整体のひふみ健康整体院

大崎市仙台市で腰痛・坐骨神経痛なら腰痛専科ひふみ健康整体院

足首の捻挫

足首の捻挫はスポーツ外傷の中で最も起こりやすい一つです。

足首の捻挫は靭帯の損傷の程度によって三段階に分かれます。

捻挫は関節を支持する靭帯自体のケガですから、その程度は靭帯がどうなったかによって決まります。

外力を受けて関節が伸ばされると靭帯も伸ばされます。

この時靭帯が耐えられずに完全に切れてしまうと第三度(重度)の捻挫。

少し部分的に切れると第二度(中程度)で、切れずに耐えられた状態を第一度(軽度)の捻挫になります。

ここで一番厄介なのは軽度の捻挫です。

それは、完全に靭帯が断裂すれば縫合し部分的に切れれば保存して修復されるのを待つことができるのですが、軽度の捻挫では靭帯が切れずに伸ばされたままの状態で残ってしまい、緩んだ状態になっているからです。

よく捻挫をすると、同じ箇所を何度も繰り返すといいますが、それは靭帯が伸ばされて緩んだままで緊張を失い、関節を十分支持できなくなっているからです。

当然、靭帯が緩んでいると、関節はグラグラした状態です。

切れないより断裂したほうが予後としては関節の安定性が保証されるのです。

このことが軽度の捻挫とはいえ、完全復帰に時間がかかる原因です。

捻挫を甘く見てはいけません。

軽度の捻挫がなかなか治りきらずに2~3週間経っても痛みが残るケースがよくあります。

これは靭帯自体のダメージは比較的早く改善されるのですが、その後に関節内の炎症状態がなかなか消失しないからです。また、軽度の捻挫では、2~3日もするとつい歩き出してしまうために関節内にストレスを受け続けることになり、このことが初期に起こした関節内の炎症を取り除けない原因にもなるのです。

特にアイシングを早くやめてしまうことも原因の一つです。

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional