スポーツ整体・骨盤矯正なら大崎市・仙台市・登米市・塩釜市・栗原市のスポーツ操体法・整体コンディショニングのひふみ健康整体院のプレコンディショニングをどうぞ

仙台市でスポーツ整体・骨盤矯正は仙台ひふみ整体。腰痛、股関節痛、仙腸関節痛、坐骨神経痛、肩の痛み、頭痛の整体は地下鉄八乙女駅近くの仙台ひふみ整体院。

鵞足炎

大崎市・仙台市泉区・登米市・塩釜市・栗原市で整体・操体法はスポーツ整体のひふみ健康整体院

大崎市仙台市で腰痛・坐骨神経痛なら腰痛専科ひふみ健康整体院

鵞足炎

膝の下方内側、脛骨内踝に鵞足と呼ばれる縫工筋、薄筋、半腱様筋の腱が合同して付着している部分があります。

この付着部を押すと痛みがあり、足に抵抗を加えて曲げたり、膝を一杯まで伸ばしたとき痛みがあると鵞足炎が疑われます。

膝を曲げるとハムストリングスの内側部を構成する縫工筋、薄筋、半腱様筋の末端は腱が鳥のような形で脛骨上部の内側顆に付着しており、ランニングなどで強く膝を曲げたり伸ばしたりすることによって炎症を起こします。

特にこの部分の骨が出っ張っていたり、これらの筋肉の緊張が強いと起こりやすいといえます。

これらの腱が膝の屈伸で内側顆を乗り越える時クリッと音がすることもあります。

これが鵞足炎の兆候です。

鵞足はハムストリングスの腱などが集まり、主に膝を曲げる働きをします。

特にキックした膝を曲げて前に引き付ける動きを繰り返すとオーバーユースが起こり、膝の内側下方に痛みが出現します。これがこうじて炎症を起こしたものが鵞足炎です。

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional