スポーツ整体・骨盤矯正なら大崎市・仙台市・登米市・塩釜市・栗原市のスポーツ操体法・整体コンディショニングのひふみ健康整体院のプレコンディショニングをどうぞ

仙台市でスポーツ整体・骨盤矯正は仙台ひふみ整体。腰痛、股関節痛、仙腸関節痛、坐骨神経痛、肩の痛み、頭痛の整体は地下鉄八乙女駅近くの仙台ひふみ整体院。

RICE

大崎市・仙台市泉区・登米市・塩釜市・栗原市で整体・操体法はスポーツ整体のひふみ健康整体院

大崎市仙台市で腰痛・坐骨神経痛なら腰痛専科ひふみ健康整体院

スポーツ外傷・障害の基本的処置

スポーツ外傷・障害は発生した場合には、すぐに医師に診せる必要があります。

外傷・障害が発生すると

「痛み」
「腫れ」
「炎症」

などが起こり、不快を生じます。

このような不快や悪化を防ぐことがファーストエイド、すなわち「応急処置」と呼ばれるものです。

応急処置は「RICEの原則」と呼ばれ、

安静(Rest)
冷却(Ice)
圧迫(Compression)
高挙(Elevation)

の処置を施します。


RICEの原則


安静

安静は、骨格筋の障害にとって不可欠なものです。安静とは、すぐにスポーツや運動を止め、患部を動かさないようにすることです。

運動中止直後の安静は腫れや炎症を抑え、出血を最小限に食い止めることが出来ます。

その後の処置による患部の安静にはテーピング、ラッピング、スプリント、ギプス、松葉杖やクラッチの補助を用います。

受傷後2~3日患部を固定しておけば、併発症もなく患部の治癒を助けます。

受傷箇所を早く動かし過ぎると内出血などを増やすだけでなく機能障害も悪化させることになり、回復を長引かせます。


冷却

冷やすことは、応急処置でもっとも効果があるものとされています。

冷やすことによって痛みや痙攣が軽減し酸素の活性が少なくなるので、組織の壊疽を減らし、受傷後4~6時間以内に生じる腫れも抑えることが出来ます。

また、血液の粘性を増し、毛細血管の浸透性を少なくし、患部のへの血流を減少させます。

受傷後の冷却は下げ、組織に必要な酸素を少なくし、低酸素症を防ぎます。

この効果は、患部周囲の正常な細胞組織を助けることになります。

しかし、長く冷やしすぎると組織もダメージを受けてしまします。

最良の冷却方法は、氷を使ったアイスパックを皮膚に直接当てることです。

凍らせたゲルパックはアイスパックよりも冷却温度が低くなるので、皮膚に直接当てないようにします。

アイスパックは長くても20分に留め、感覚がなくなればその時に取り去ります。

そして寝るまで一時間か一時間半毎に冷却を繰り返します。

障害の程度や範囲によって24~72時間こてを続けます。


圧迫

ほとんどの急性の障害ではすぐに圧迫を加えることは冷却と高挙とともに重要な手段であると考えられています。

患部を圧迫することは、内出血と血腫の形成を軽減します。

圧迫することで組織間に浸出液が侵入することを防ぎ、逆にその吸収を促進します。

水に浸けた弾性包帯を冷凍室に入れて冷やしておけば冷却と圧迫を同時におこうなうことが出来ます。

また、フェルトやフォームラバーで作ったパッドも圧迫に使えます。

例えば、U字パッドは足首の捻挫に使われます。踝(かかと)の周囲にU字パッドをあてその上からテープや弾性包帯を巻いて固定します。

これによって足首周囲の浮腫を防いだり、軽減したりすることが出来ます。

冷却は間断的に用いますが、圧迫は一日中適応します。


高挙

高挙とは患部を心臓より高い位置に持ち上げることです。
冷却、圧迫とともに、高挙は内出血を軽減させるのに役立ちます。

患部を心臓より高く持ち上げることで出血が軽減され障害部位への血液や体液の圧迫もさけられ、静脈の変換が助長されるので腫れやアザも軽減します。


RICEの手順

RICEの手順をまとめると次のようになります。
①スポーツや運動を中止し、安静にする。特に障害を受けた部位は動かさないようにする

②障害の程度を把握する

③患部にアイスパックを当てる

④弾性包帯でアイスパックをシッカリ固定する

⑤患部を心臓より高く持ち上げる

⑥感覚がなくなるか、20分たったらアイスパックを取り去る。

⑦パッドと弾力包帯で圧迫する

⑧障害の程度によって1時間か1時間半毎にアイスパックを用い、幹部が安定するまで続ける。

⑨寝る時は弾性包帯を取り去る

⑩患部を心臓より高く持ち上げる

⑪翌朝再度RICEの処置を行い、一日中前日と同様に行う。

⑫障害の程度が酷ければ、同じ手順を2~3日続ける。

です。



受傷後の素早く適切な対応は、大幅にリカバリーを早めます。
経験や指導者に詳しい人がいるならばアドバイスを求めましょう。

普段から、アイシングのクセが付くと、いざという時に役に立ちます。

アイシングも技術の一つです。トレーナー任せにせずある程度は自主的に出来るようになりましょう。

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional